Visual Studio でも VS Code のテーマが利用可能に

投稿: 2021年09月21日
タグ: 
  Developer(Java等)  Windows  ニュースネタ

Microsoft は VS Code 用に公開されていたテーマが Visual Studio でも(一部) 利用可能になったことを発表しました。

VS Code のテーマを Visual Studio 用に変換するツールを GitHub で公開

「Theme Convertor for Visual Studio」というコマンドラインツールを開発し、そのツールを使って、今回一部の VS Code テーマを Visual Studio 用に公開した、という流れのようです。 変換ツールは GitHub で公開されています。

Theme Converter for Visual Studio
https://github.com/microsoft/theme-converter-for-vsopen_in_new

変換されたテーマを実際に利用

現状、Visual Studio へのテーマ取り込みは Visual Studio 2022 Preview 4 以降で互換性があると記載されています。書き方を見ると、「以前のバージョンでも動くかもしれないがテストはされていない」ようです。 今回は、現時点で最新の Visual Studio 2022 Preview 4.1 を使って試してみました。

画像_2021-09-21.jpg

Visual Studio 2022 で [ツール] - [テーマ] に [その他を入手する] というメニューがあり、選択すると次の URL でブラウザが開きます。

Visual Studio | Marketplace
https://marketplace.visualstudio.com/search?term=theme&target=VS&category=All%20categories&vsVersion=vs2022&sortBy=Relevanceopen_in_new

テーマが検索でき、Visual Studio に対応したテーマをインストールできます。

画像_2021-09-21_2.jpg

Marvel Theme というのをインストールしてみました。

画像_2021-09-21_3.jpg

インストーラーとして「VSIX Installer」が起動し、複数の Visual Studio を検知してダイアログが表示されました。

画像_2021-09-21_4.jpg

インストーラーが Visual Studio の終了を待機するので、VS を終了して Theme をインストールします。
インストールが完了して Visual Studio 2022 を起動するとテーマの一覧から選択可能になります。

画像_2021-09-21_5.jpg

使わなくなったテーマは「拡張機能の管理」から削除

実際にテーマを入れてみると思ったのと違ったな、というパターンもあると思いますので、その場合は [拡張機能] - [拡張機能の管理] でインストール済みから削除できます。

画像_2021-09-21_6.jpg